大手前短期大学の専門力

社会人に必要な知識とスキルを修得。就職対策が授業に組み込まれています。

専門スキルが身につく4つのコースと3つのプログラム

現代社会で求められる専門知識やスキルが身につく4つのコースと3つのプログラムを設置。
4つのコースから1つのコースを徹底的に学ぶことも、複数のコースを同時に学ぶことも可能な「コース自由選択制」を採用しています。
理想のキャリアに応じて自由に学びを組み立てられます。

コース自由選択制

3つのプログラム

どのコースからでも3つのプログラムを自由に学ぶことができます

選択必修科目 多彩なビジネスシーンで活かせる4資格を完全サポート

「MOS Word/Excel®」「日商簿記2級・3級」「2級・3級リテールマーケティング(販売士)」「ファイナンシャル・プランニング技能検定3級」の4資格を"取得目標資格"として位置づけています。授業以外にも受験対策講座を別途開講。Wサポート体制で資格取得を支援します。

MOS Word/Excel® 日商簿記2級・3級 2級・3級
リテールマーケティング
ファイナンシャル・プランニング
技能検定3級
資格の内容 事務系をめざす人に不可欠な基本の資格
企業や地方自治体など、実務の現場で幅広く採用されているアプリケーションソフト・WordとExcelの基本的な操作能力を証明する資格です。Wordは主に議事録や各種通達、あいさつ文など文章主体の文書を、Excelは会計・物流・運営管理などデータ主体の資料を作成する際に使います。
経理や会計、営業等で役立つ知識が得られる
企業を取り巻く関係者(経営・取引先・出資者等)に対する報告の一つが決算書です。経理関連文書を理解し、取引先企業の経営状況をデータから把握する能力を示す資格です。経理・会計部門だけでなく、営業・管理部門でも必要な知識として評価する企業が増えています。
サービス業全般で通用するスキルが身につく
販売に必要な商品知識や販売技術・仕入れや在庫管理、マーケティングなど、専門的な知識を有することを証明します。販売員としてもっとも重要な接客マナーや販売技術など、接客業務に関する知識が身につきます。
金融機関、企業への就職で役立つ
ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定は、資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談(ファイナンシャル・プランニング)の技能を認定する検定です。資格を持っていないとFP技能士という名称は使えません。3級はファイナンシャル・プランニングについての基礎的な資格です。貯蓄、投資の知識が身につきます。
役立つ場面
  • お客さまへのあいさつ文作成
  • 売上高の日別・月別の確認
  • 顧客データの管理
  • 経理部門での決算時の書類作成
  • 取引先・競合企業の経営分析
  • 起業した会社や店舗の経理事務
  • 百貨店・専門店などの小売店
  • 製造業・卸売業などの販売業務
  • ホテル・旅行などのサービス業
  • 銀行、信用金庫などの金融機関
  • 個人の投資活動
  • 家庭での資産運用計画
選択必修科目 それぞれの資格に対応した選択必修科目が、資格試験対策に直結しています
Word演習
Excel演習
簿記I
簿記II
簿記III
簿記IV
販売論
販売実務
ファイナンシャルプランニングI
ファイナンシャルプランニングII
関連業界 旅行・運輸・倉庫
不動産
製造
IT関連
建築・工事
医療
設計
金融・保険
小売
農協(JA)
医療
商社・卸売
ホテル・旅館
ビューティ
サービス
ブライダル
アパレル
社会福祉・介護
小売
銀行
信用金庫
保険
証券会社
一般企業
  • Excel®は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • MOS=Microsoft Office Specialistの略です。

Student’s Voice 夢に向かって

住宅業界で活躍するのが夢。
建築設計とインテリア、両方学べるから大手前短大進学を決めました。

富山県立桜井高等学校出身
石友ホーム株式会社 内定

将来は住宅業界で働きたい。高校時代からずっとそう考えていた私が迷わず選んだ進学先は大手前短期大学でした。決め手となったのは、卒業と同時に二級建築士受験資格を取得できること。加えてインテリアについても学べること。専門教育科目で最も面白かったのは「ハウスプランニングⅠ~IV」です。2年間ずっとこの科目を履修しました。2年生の後期からは二級建築士の受験を意識し、課題に従いながらプランを考え平面図や立面図を書いています。就活では大学でどのように建築やインテリアを学んできたかを積極的にアピールしました。専門力を身につけていることの強みが存分に発揮できたと思います。

掲載内容は2019年3月1日現在の情報です。変更になる場合があります。