国際交流

安全な海外渡航・危機管理

海外での滞在をより充実したものにするために重要なのは、安全・危機管理対策です。本学では、海外危機対応マニュアル(学生用・教職員用)を作成し、危機管理の一環として、海外渡航する学生や一時帰国する留学生にも、海外渡航届の提出を求めています。学生の皆さんは事前に現地の情報収集を行い、危機管理に関する知識を持ち、海外へ渡航してください。

1.渡航前の準備

①「海外渡航届」の提出

海外へ渡航する学生ならびに、自国へ一時帰国するため日本を出国する外国人留学生のみなさんは、出発前に、必ず、国際交流センターへ「渡航届」を提出してください。

提出先:さくら夙川キャンパス:国際交流センター

②本学の「海外危機対応マニュアル」を熟読し、内容をしっかり理解する

③海外旅行保険の加入

本学が提供する海外研修、交換留学、海外インターンシップに参加する学生は、本学指定の海外旅行保険に加入していただきます。長期研修や交換留学の場合、留学先大学より、留学先大学が指定する医療保険のさらなる加入を求められる場合がありますが、加入についてはご理解ください。
なお、個人的な目的・理由により海外渡航する場合は、各自、海外旅行保険に加入し、保険証券の写しを渡航前に、国際交流センターに提出してください。

④外務省 「たびレジ」、「在留届」に登録する

⑤事件、事故等に巻き込まれた場合に備え、渡航先の在外公館を調べる

2.渡航渡航中の注意事項

海外渡航中は、「自分の身は自分で守る」という考えが原則です。危険な場所や地域には近づかない、 深夜の一人歩きはしないなど、「日本とは異なる環境にいる」ことを常に念頭に置き、自身で危険の予防・回避の行動を心がけてください。
また、国・地域によって法律・マナー等が異なります。道路交通・飲酒・喫煙等については事前に確認し、現地のルールを厳守してください。

3.関連リンク

4.問い合わせ先

さくら夙川キャンパス国際交流センター
TEL:0798-32-5018