Architecture & Interior

建築・インテリアコース

住宅設計やインテリア計画のために必要な幅広い専門知識と製図やCADの専門技術を基礎から学修。在学期間中から二級建築士学科試験の対策準備を行い、インテリア関係、建築関係の就職をめざします。実務経験なしの二級建築士受験資格を取得できるのは、本学ならではの大きな特色です。

  1. Point 01

    基礎から実践まで

    建築を基礎から学び、実践的なスキルも修得できます。

  2. Point 02

    二級建築士
    受験資格

    所定の科目を履修し単位を取得すれば、二級建築士の受験資格を取得できます。

  3. Point 03

    インテリア専門科目

    インテリアの専門科目も豊富。インテリアコーディネーターをめざせます。

二級建築士合格!
私の挑戦を支えてくれた、短大の先生方に感謝して。

茅野 楓さん(大手前大学 建築&芸術学部3年)/ 大手前短期大学 ライフデザイン総合学科 2000年卒業
鹿児島県・鳳凰高等学校出身

学生のうちに二級建築士の資格を取りたい。そう考えた私が選んだ進学先が、大手前短期大学でした。二級建築士への挑戦を支えてくれたのは、短大の先生方です。先生方からのアドバイスを受けて、1年生のときから10年分の過去問題集を、解説を覚えるまで繰り返し解きました。その努力が実り、二級建築士に合格。短大卒業後は、大手前大学の建築&芸術学部へ編入しました。現在は大学で、一級建築士の資格取得に向けて、新しい建築技術や設計手法について学んでいます。

メディア・芸術学部は2021年4月、建築&芸術学部に名称変更

履修モデル

  • 二級建築士
    として働くなら

    • 建築
    • デザイン科目
    • プレゼンテーション
  • 建設・住宅業界で
    営業職として働くなら

    • 建築
    • ビジネスキャリア
    • プレゼンテーション
  • インテリア業界
    で働くなら

    • インテリア
    • ビジネスキャリア
    • デザイン科目

Special Course

建築

  • 住居学
  • 住まいづくりの技術
  • インテリア計画
  • ハウスプランニングⅠ
  • 住生活論
  • 住宅構造学Ⅰ
  • 住宅材料学
  • 建築の歴史
  • ハウスプランニングⅡ
  • 住宅設備
  • 住関連法規
  • 住宅構造学Ⅱ
  • ハウスプランニングⅢ
  • ハウジングCADⅠ
  • 人と環境
  • 住宅施工
  • ハウスプランニングⅣ
  • ハウジングCADⅡ

インテリア

  • インテリアエレメント
  • インテリアデザイン
  • インテリアパース
  • インテリア実務
  • インテリアCADⅠ
  • インテリアCADⅡ

Pick up curriculum

ピックアップカリキュラム

  • 建築

    ハウスプランニング

    製図の基礎、および空間把握の基礎を活かし、住宅など身近な建物を設計します。授業では、自分の理想とする空間をイメージし、イラストや文章にすることから着手し、その構想を図面や模型で表現するなど、総合的なプレゼンテーション力を養います。

    主に身につくC-PLATS®

    Presentation

  • インテリア

    インテリアCAD

    現在インテリアデザインの分野は、家具やカーテンなどを扱う室内装飾から室内空間計画まで幅広いものです。この授業では、デザインの歴史や家具、照明などについて学びます。

    主に身につくC-PLATS®

    Artistic Sense

快適な住環境

二級建築士やインテリアコーディネーターをめざして、いろいろな課題と自由研究に取り組みます。課題では、学園祭「大手前祭」に向けて模型などさまざまな作品を作成し出展します。自由研究では自分の興味のあるテーマを選んでアンケートやフィールド調査などを行い、設計します。

卒業論文テーマ例
「ペットと暮らすための住空間の提案」
「共有空間の新たな提案~商店街における持続可能な構成の再構築~」
「環境に優しい住環境の提案」
「ユニバーサルデザインの提案~日本の高齢化と住まいの安全対策~」
「大気汚染の現状と屋上緑化の効果」
「空き家の現状と新たな提案」
「教育施設の防犯対策について」
「テーマパークのバリアフリーの整備状況について」

Interview

クラス担任制/ゼミ形式

少人数制でしっかりと目が行き届くため、
きめ細やかに指導しています。

ソーシャルディスタンスを
「自然に確保できる」作品でコンペに入賞

卒業研究では「多くの人のためになる建築」をめざします。

藤本:コロナ禍の今、安心できる空間作りに多くの組織が取り組んでいます。こうした取り組みに対して、建築の観点からどのようなサポートができるのか。そこをテーマに今年は「ソーシャルディスタンス」など新たなキーワードを用いてゼミを進めました。
井上:ソーシャルディスタンスを確保するための空間をデザインした私の作品が、この秋に開催されたコンペ「第39回JAPANTEX2020」で入賞しました。
藤本:ホテルのロビーの作品ですね。ロビーの床に水を張り、一人だけ立つことのできるサイズの飛石を配置することで、意識することなく人との距離を取ることができる。あのロビーの設計はお見事でした。どうしてこのようなアイデアを思いついたのですか?
井上:「デザインだけにこだわるのではなく、多くの人に受け入れられる建築が大切」とゼミで学び、コロナ禍にある課題を、建築の力で解決できないかと考えたからです。
藤本:多くの人の立場から考えた視点がすばらしい。今後の井上さんの活躍を楽しみにしています。

井上さんの入賞作品はこちら

Future

資格・進路

関連資格

受験資格が得られる

  • 二級建築士【国家資格】

本学で決められた授業の単位を修得し、卒業要件を満たすことにより、実務経験なしで受験資格が得られます。

授業を通じて目標にできる

  • インテリアコーディネーター

めざす進路

  • 建設会社
  • 住宅メーカー
  • 設計事務所
  • 建材・家具メーカーなどインテリア業界
  • リフォーム会社

など

CADを使った製図技術を活かして、建築会社・住宅メーカー・設計事務所で活躍することができます。建築文化や歴史の知識とインテリアコーディネートのスキルを活かして、建材・家具メーカーなどのインテリア業界もめざせます。さらに、近年需要の高まるリフォームやリノベーションを手がける会社へも、室内空間計画の技術と知識を活かして活躍する先輩が増えています。

大学への編入学

大手前短期大学を卒業後、大手前大学に3年次編入学する「学園内3年次編入」のほか、他大学への3年次編入学を希望する学生のための「アカデミックブリッジコース」があります。

アカデミックブリッジコースは、入学後のプレースメントテストで一定の成績をとった学生が履修できます。