建築・インテリアコース

建築やインテリアについての文化・歴史的な知識を身につけながら、設計の仕事に必要となる実践的な技術を基礎から学びます。
決められた単位を修得すれば卒業と同時に二級建築士[国]の受験資格(実務経験免除)が得られます。

step1社会人としての基礎的な力を築く

  • ライフデザイン
  • フォーラムA・B
  • コンピュータ演習
  • 基礎英語または日本語表現法
  • キャリアプランニング
  • ゼミナール など

選択必修科目[目標とする資格: MOS Word/Excelまたは日商簿記3級または3級リテールマーケティング(販売士)]

step2企業で求められる実務レベルのスキルを身につける

  • 建築
  • インテリア

step3めざす職業に必要な専門スキルと資格を究める

  • 二級建築士【国家資格】
  • インテリアコーディネーター
  • 建築CAD検定試験 など

専門教育科目紹介

住居学
私たちの暮らしの基盤である住まいは、風土や社会が反映されるとともに、人々の生活にも大きな影響を与えています。社会的・生活文化的な視点から住まいについて学び、自分にとってどのような住居と生活環境が望ましいのかを考えながら、住まいに関する基礎知識と住宅選びの判断基準を身につけます。
ハウジングCAD I
多くの建築設計事務所で使用されているCADソフト・JW-CADを使って建築製図に必要なコマンドを習得し、設計図面の作成を通して建築製図を学びます。
インテリアデザイン
現在インテリアデザインの分野は、家具やカーテンなどを扱う室内装飾から室内空間計画まで幅広いものです。この授業では、デザインの歴史や家具、照明などについて学びます。
建築の歴史
古代から近代までの建築を、西洋と東洋の時代を追って学習していきます。宗教建築物・城郭・宮殿・住居など、時代や地域別に多彩な有名建築を見ながら、その意匠の持つ概念や意図、建築技術への理解を深めます。さらに、建築は風土・時代・文化の違いに大きな影響を受けることも学びます。
関連資格
[受験資格が得られる]
  • 二級建築士【国家資格】

本学で決められた授業の単位を修得すれば、通常では必要な実務経験なしで受験資格が得られます。

[授業を通じて目標にできる]
  • インテリアコーディネーター
  • 建築CAD検定試験
めざせる進路
  • 建設会社 住宅メーカー
  • 設計事務所
  • 建材・家具メーカーなどインテリア業界
  • リフォーム会社

CADを使った製図技術を活かして、建築会社・住宅メーカー・設計事務所で活躍することができます。建築文化や歴史の知識とインテリアコーディネートのスキルを活かして、建材・家具メーカーなどのインテリア業界もめざせます。さらに、近年需要の高まるリフォームやリノベーションを手がける会社へも、室内空間計画の技術と知識を活かして活躍する先輩が増えています。

先輩のGROW UP VOICE

大手前大学に編入学して建築への知識をさらに深め、
父と同じ建築業界の道へ。充実した4年間でした。

兵庫県立伊丹西高等学校出身
(株)福屋ホールディングス 内定

モノづくりが好きで、父が建築業界で働いていることもあり、建築を学びたいと大手前短期大学に入学。ハウスプランニングや住居学を学ぶことで、さらに専門的に究めたくなり、大手前大学に3年次から編入学し、メディア・芸術学部で建築・インテリアを専攻しました。インターンシップで経験した施工管理の仕事に興味を持ち、建築・リフォームや不動産事業を展開する企業から施工管理職として内定をいただきました。短期大学を入口に4年間建築を学ぶことができ、夢をつかめてうれしく思っています。

掲載内容は2016年3月1日現在の情報です。