大手前学園創立60周年記念事業

2011年、大手前短期大学は創立60周年を迎えました。
ライフデザイン総合学科、ユニット自由選択制®、男女共学。大手前短期大学は、学生たちの夢を実現するためにつねに新しい教育システムを取り入れてきました。
10年後、15年後、出会うあなたの夢は何だろう。
今を見つめる。未来を想像する。私たちは、また新しい視線で、次の教育のあり方を考えます。

ご挨拶

「STUDY FOR LIFE」の建学理念を掲げて ~大手前短期大学創立60周年に向けて~

大手前短期大学は、2011年創立60周年を迎えました。人生でいえば還暦ということになりますが、我が短期大学はますます溌剌として、これからも社会の役に立つ存在であり続けたいと願っています。

大学・短大を取り巻く環境は厳しさを増し、大幅な定員割れで存続すら危ぶまれる短大がある中で、大手前短期大学はおかげさまで定員を確保できています。これは、立地の良さやきめ細かい教育実践といった要因もありますが、絶えざる改善・改革の賜物だと思っています。

大手前学園は、1946年に「情操豊かな女子教育」を目標として大阪・大手前の地に誕生しました。現在は大学、短期大学、栄養学院、製菓学院を擁する総合教育機関に成長することができましたが、それは学園あげての不断の改善・改革がもたらした結果だと思っています。

改善や改革には、勇気が必要です。何もしなければ摩擦を起こすこともなく、楽なのです。しかし、私は短大学長としても、学園理事長としても「学生のための改善、進歩のための改革」の信念のもと、改善・改革を続けています。被災を受けた阪神・淡路大震災からの復興や2004年の、短大の男女共学化もその一環です。

大手前学園は幾多の変遷を経て今日に至っていますが、「STUDY FOR LIFE(生涯にわたる、人生のための学び)」という学園の基本理念は不変です。

私たち、大手前関係者のアイデンティティとしての「STUDY FOR LIFE(生涯にわたる、人生のための学び)」の理念を、卒業生をはじめとしたすべての学園関係者と改めて確認しあい、社会にとって必要不可欠な高等教育機関としていっそうの発展を期したいと念じています。

「短大創立60周年記念祝賀会」を2011年10月22日に実施いたしました。学園関係者、とりわけ短大卒業生の皆さまには、旧交を温め、懐かしい学び舎に思いをはせていただく場となったことと思います。皆さまのご来場を励みとして、短大と学園全体のさらなる飛躍を実現させたいと心から願っています。

学校法人大手前学園理事長
大手前短期大学学長
福井 有

創立60周年記念事業概要

大手前短期大学創立60周年記念事業について

  1. 学生活動の支援事業
    • 短期大学生向け奨学金(新設)
    • 課外授業サポートの強化
    • バリアフリーの推進
  2. 施設設備の環境整備事業
    • いたみ稲野キャンパスのトイレリニューアル
  3. 地域との連携事業
  4. 記念式典事業
  5. 短期大学同窓会の活性化
  6. 大手前短期大学創立60周年記念募金
  7. ナレッジキャピタルトライアル2011参画
  8. 震災復興支援ミュージカル「あの空をこえて」制作・上演

いたみ稲野キャンパストイレのバリアフリー化について

大手前短期大学創立60周年記念事業の一環として、既設トイレの一部を改修、どなたにでもお使いいただける最新式の設備を備えたトイレを追加しました。
このほか今回の事業では、トイレの美化改修工事も同時に完成、来年度もさらに継続して美しいトイレ環境作りを進めます。