手厚いサポート体制

毎日のように通ったキャリアサポート室。
親身なアドバイスで前向きになれました。

大阪府立堺西高等学校出身
(株)三陽商会 内定

バーバリーブルーレーベル※でインターンシップを体験し、三陽商会に興味を持ちました。社員の方々の親切な指導に、ここで働きたいと感じたのです。就職活動では疑問を感じたらすぐにキャリアサポート室に足を運び、エントリーシートや履歴書の書き方、模擬面接など全般的に指導いただきました。アドバイスのおかげで長所を発見でき、面接本番でいつもの自分を出せたことが、内定をいただけた理由だと思います。

2015年より新ブランド「ブルーレーベル・クレストブリッジ」がバーバリーブルーレーベルを継承しています。

先生もスタッフも親身でフォロー。だから、就職活動のやる気が続く。

早期から就職を意識して学んだり行動したりすることが大切だとわかっていても、一人ではなかなか計画的に進めるのは難しいものです。大手前短期大学では、教員とキャリアサポート室のスタッフが親身になって導き、相談に対応。高いモチベーションを保ち続けることができます。

1年生のときから授業を通じて準備

働く意味や理由などについて学ぶ「ライフデザイン」は入学直後の春学期の必修科目に、就職活動の具体的な進め方を学ぶ「キャリアプランニング」は秋学期の選択必修科目に設置されており、授業を通じて就職への準備ができます。

学外での企業見学・就業体験

企業を見学し、社員の方からお話を聞いた後、テーマに基づいたレポートやディスカッションで職業観を育てる企業見学会や、企業で実際に仕事を体験するインターンシップ制度など、ビジネスの現場に数多く触れられます。

就職活動の第一歩「勇気づけの面接練習会」

選考のプロセスで必ず体験する「面接」に対し、「勇気づけの面接練習会」を実施。スーツ着用での模擬面接では面接官役を務めるキャリアカウンセラーが、学生一人ひとりの長所を発見してくれるから自信を持って面接に臨めます。

一人ひとりの就職希望者をていねいにサポート

全学生と個人面談をして、本人の希望や目標をしっかり受けとめてアドバイス。ニーズに応じたメールでの情報提供、キャリアカウンセラー等の専門資格を有するスタッフによる相談も可能。卒業してからも希望があれば相談に応じます。

先輩のGROW UP VOICE!

濵脇 奈美(はまわきなみ)さん
2014年3月卒業
(株)三井住友銀行 船場法人営業部 勤務

就職活動の際にはキャリアサポート室によく通いました。履歴書の添削や面接の練習など、一人では気づきにくいことを指摘していただいたおかげで、自分を見つめ直せました。また1年生のときには2年生から就職活動の報告を聞く機会があったので、先輩の経験を参考にした情報収集や行動ができたと思います。おかげで心に余裕ができ、志望していた金融業界へ就職することができました。

細田 知里(ほそだちさと)さん
2015年3月卒業
大阪厚生信用金庫 平野支店 勤務

勤務先である信用金庫は、キャリアサポート室の方のすすめで受けた企業です。金融は難しいという先入観があったのですが、自己アピールや志望動機など一からていねいなサポートを受け、親身に応援していただいたおかげで選考を通ることができました。電話対応や接客マナーなど授業で身につけたことも役に立っており、短期大学の2年間があったから今があるのだと感謝しています。

掲載内容は2016年3月1日現在の情報です。