就職支援について

職業観の確立

キャリアデザイン 1年生春学期 選択必修科目

職業をもって自立することの必要性を理解する

短期大学進学の目的を明確にして、卒業後に職業をもって自立することの必要性を理解します。また、産業社会に関する幅広い知識を修得し、自己認知を深め職業を持つための準備を計画的に進められるようにします。そして、授業ではグループでのディスカッションやワークを行って個々の学生の発信力の養成に努めています。

キャリア特講A・B 1年生春学期 選択科目

授業で公務員対策も

キャリア特講Aの授業ではしっかりと教養を身につけてもらうので、多数の企業の採用試験に利用されている、SPI試験の対策にも効果的です。さらにキャリア特講Bでは、公務員をめざす人と一般企業をめざす人とにクラスを分けて、それぞれに対応した教養教育を行うことにより、公務員をめざす人も力強くサポートします。

入学者全員の個人面談

個性や能力を引き出す

入学直後に新入生全員に個人面談を実施。高校時代の学び方や部活動への取り組み、本学への入学動機、何を学びたいかなどをヒアリングします。学生一人ひとりの個性や能力をスタッフが深く理解することで、きめ細かいサポートに繋げています。

夏季インターンシップ

ビジネスの現場を体験

夏季休暇に企業で就業体験を行います。就職活動にその体験を活かせるように、事前研修・事後研修も実施。毎年60名以上が参加しており、地方出身の学生には地元企業のインターンシップへの参加を推奨しています。

就業力の養成

キャリアプランニング・キャリアベーシック 1年生秋学期 選択必修科目

就職活動の全体像を学ぶ

就職活動を半年後に控えた秋学期からスタートする授業です。就職活動本番になって慌てないために、就職活動の全体像を理解します。就職の流れ・業種や業界の理解・企業研究の方法・筆記試験対策・面接の受け方・身だしなみやマナーなど、就職活動で必ず必要となる知識を身につけます。
また、「キャリアベーシック」の授業では、履歴書やエントリーシートに関わる文章作成力を養成します。特に自己PRや学生時代に力を注いだこと、そして志望動機など就職活動で必ず問われる3質問を中心にその作成方法について学びます。

ようこそ先輩! 卒業生体験談

リアルな就活実態を知る

2年生や卒業生をゲスト講師に招き、就職活動の体験談や社会人としてのやりがいを語っていただきます。面接での失敗、不安をどう乗り越えたかなど、経験者ならではの話を直接聞くことで、自分の就職活動に役立てるとともに、真剣に取り組む姿勢を培います。

勇気づけの面接練習会

面接への不安を取り除く

面接への苦手意識や恐怖感を取り除くために、長所を見つけて評価してもらいます。面接官は専門スタッフが務め、ダメ出しは一切ありません。面接後には面接官から個別に励ましのお手紙も送られます。面接の形式にまずは慣れ、一歩を踏み出す勇気が得られます。

業界研究セミナー

6業界以上を理解する

社会にはどのような業界があり、具体的にどのような事業を行っているのかを知るために、10の業界を代表する企業を招いたセミナーを開催しています。10業界のうち6業界以上を受講することが必須となっており、幅広い業界と職種の知識を得ることができます。

本番の面接練習会

本番同様の緊張感を体験

就職活動本番に向けて、本番と同じスタイルで面接を体験します。面接官がどのような意図で質問をするのかを理解すれば、自分は何を求められ、どう伝えればいいのかが見えてきます。面接官の意図を冷静に判断し、落ち着いて自分らしく表現する力を育みます。

就職活動

就活ナビを使った 実際のエントリー

講座でエントリーを行う

就職活動は、会社説明会や選考会に参加するためのエントリーから始まります。エントリーは就活ナビと呼ばれる就職活動専用サイトから行います。この作業を「就職実践講座」として実際に行い、教室で仲間と一緒に就職活動のスタートを切るきっかけにしています。

合同企業説明会

優良企業約25社が学内に

約25社の企業が本学に集結し、学生に向けて説明会を行います。一度に多数の企業を比較検討できる上、本学から採用実績のある企業であるため、自信を持って就職活動に臨むことができます。本学学生の多くがこの説明会を就活の実質的なスタートにしています。

履歴書・エントリーシートの添削

強みを効果的にアピール

採用担当者が最初に見るのは、履歴書やエントリーシートです。自分自身の魅力や長所を、より効果的に伝えるために、きめ細かなアドバイスを行います。指導を受けて自己像を明確につかみ、その後の面接等で自己アピールの成功に繋がった学生も数多くいます。

掲載内容は2017年3月1日現在の情報です。変更になる場合があります。