歯科衛生学科

歯科医師の専任教員が多い
短大企業への就職や教員への
道を検討中。

上山 春花さん(1年)/2021年3月時点

兵庫県・神戸学院大学付属高等学校出身

この学科の大きな魅力は、先生の存在。
クラス担任制なので学びの相談、進路相談がいつでもできます。

実際、担任の先生はとてもやさしく「何かあればいつでも来て」と言ってくれます。また、専任教員の歯科医師の割合が高いことも注目すべき点。デンタルインプラントなど専門的なことを教えてくれたり、歯科医療の現場の話を聞かせてもらえたり、歯科医師ならではの知見に触れることができます。

検討している進路は二つあります。一つは歯科関連企業に就職し、予防につながる商品を供給すること。もう一つは歯科衛生学の教員になることです。教員になるには大学院進学を視野に入れなければならず、そのためにも必要なのが4年制大学卒業の学位。大手前大学通信教育部への編入を検討しています。

歯科衛生士に関心のある方には、大手前短期大学のオープンキャンパスと大学体験授業への参加を強くお勧めします。歯科衛生士の業務に対する適性を判断するいい機会になると思います。

本学が独自に開発した「10の問題解決能力」。詳しくは大学サイト

Other Student's