ライフデザイン総合学科 国際コミュニケーションコース

すべてが英語で進む授業も、
今ではすっかり慣れました。

杉本 愛佳さん(1年)

兵庫県立播磨南高等学校出身

大手前短大を選んだ理由は?

外国出身の先生から英語を学べる

大手前短大に来てよかった点は、外国出身の先生から英語を学べるところ。高校のときの英語の授業では、先生が日本語で話して生徒も日本語で発言します。一方、短大のLEOという英語の授業ではすべてが英語によるやり取り。完全に英語で進められる授業に最初は戸惑いましたが、とにかく単語を聞きとろうとしているうちに、次第に分かるようになってきました。

私は編入学試験の受験を考えています。編入学試験の必須科目となるのは英語。大手前短大では、英語力を身につけられるカリキュラムになっているので、編入学を希望しやすいところも魅力です。

私は短大にきて、たくさんの友だちに恵まれました。学生生活で今が一番楽しい。たくさん友だちがいる楽しさと、編入学という目標に向けてがんばる楽しさ。幅広い楽しさに包まれて、日々充実しています。

身に付いたC-PLATS®

  • コミュニケーション力
  • 自己管理力

本学が独自に開発した「10の問題解決能力」。詳しくは大学サイト

1日のスケジュール

  • 09:00

    自宅を出発

    通学時間は1時間20分。10:50始まりの2限目から履修。

  • 16:50

    4限目終了後はアルバイトへ

    5限目まであるときはそのまま帰宅します。

  • 21:30

    アルバイトを終えて帰宅

    シュークリーム屋さんと定食屋さんでアルバイト中。

  • 24:30

    就寝

    帰宅後は夕食をたべて、明日の課題を終わらせます。

Other Student's