お知らせ

お知らせ

【学生の皆さまへ】特別⽀援奨学⾦として 全学⽣約4,000名に⼀律一人5万円を給付/新型コロナウイルス感染拡⼤に伴い学⽣を⽀援

学校法人大手前学園 (本部:大阪市中央区、理事長:福井要、以下本学園) は、大手前大学・大学院・大手前短期大学・大手前栄養学院専門学校の各設置校の全学生に対し、特別支援奨学金として一律一人5万円を2020年5月中旬以降に給付することを決定し準備を開始します。(※ ただし通信教育課程の学生は除く)

新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言の発令、およびキャンパスが所在する大阪府と兵庫県の両知事からの休業要請を受け、学生のキャンパスへの立ち入り禁止や春学期授業開始の延期を決定しました。加えて、何よりも重要である学生や教職員の心身の健康と安全を確保するため、感染防止の観点より春学期の授業をICTを活用したオンライン(非対面)授業形式で行うこととしました。しかしながら、ICT機器の導入やデータ通信料の増加など、学生への負担が問題視されております。現状況下で、少しでも学生や保護者の皆さまのご心配を軽減すべく、特別支援奨学金の給付を決定しました。

1.給付型奨学金

遠隔授業等を受けていただく環境整備のため、ご家庭でのPC購入費およびインターネット通信費の補助として、一律一人5万円の「遠隔授業環境整備支援特別奨学金(給付)」をご用意いたします。本奨学金は返還の必要はありません。2020年5月中旬以降順次給付できるよう準備を行っていますので、詳細は決まり次第、学生支援システム「el-campus」を通して連絡いたします。本奨学金で整備されるオンライン環境は、学習面での不安解消だけでなく、友人関係や就職活動、更にはご家族とのご連絡を取る際などにおいても役立てていただければと考えております。

2.貸与型奨学金

新型コロナウイルス感染症の影響で自身のアルバイトなどの収入が減ったため、新たに支援を申し出た学生に、海外留学支援のため用意されていた福井有(前理事長)記念奨学金の目的を特例として拡げて、一律一人10万円を無利子で審査の上特別に貸与することとします。詳細は決定次第、el-campusを通して連絡いたします。

3.授業料の延納

2020年春学期の授業料の延納手続きに関して、申請期間を5月29日(金)まで延長します。なお延納期日は当初の予定どおり、2020年7月31日(金)までとします。

4.PCのレンタル

PCのレンタルを希望する学生に対して、学園で300台一括借入のうえ、レンタル事務手続きを代行します。
※レンタル料は学生負担とし指定の場所へ配送します。

5.教員からの個別の連絡

学生一人ひとりに対して、教員からel-campusでのサポートなどを利用し学修指導などの連絡を行っております。学習面のサポートはもちろん、きめ細やかな個別指導により、学生の学習面での不安を取り除きます。

■大手前学園 理事長 福井要からのメッセージ 

現在、新型ウイルスの猛威が、世界中を震撼させています。本学も開学以降様々な事態に遭遇してまいりましたが、授業の実施だけでなく、全ての学⽣の皆様が先⾏きの⾒えない不安に襲われる事態には、初めて直⾯していると⾔えます。

本学は、これまで時代の変化や社会の要請に真摯に向き合いながら理想の教育の実現に向けて進化を続け、⼀⼈ひとりの学⽣と親⾝に接する学園⾵⼟と伝統を守り続けてまいりました。この未曽有の状況下においても、変わることなく、学⽣⼀⼈ひとりをみつめ、真に必要なサポートを⾏っていきたいと考えています。いま、⼤⼿前学園としてやるべきことは、学⽣と教職員の安全を守ること、学⽣への教育を提供し続けること、そして本学に関わる全ての皆様の⼼の健康を維持することだと考えました。⼤⼿前学園では、このような状況下だからこそICT を活⽤した授業の導⼊だけでなく、学⽣の⼼理⾯においても、最⼤限のサポートを実施してまいります。

いつ終わるともしれないこのような状況下ですが、教職員が⼀丸となり、この危機を乗り越え、そして本学に関わった全ての皆様がまた安⼼して⼤学にお越しいただけるその⽇まで、全⼒でサポートしてまいります。加えて、⼀⽇も早い、新型コロナウイルス感染拡⼤の終息をお祈り申し上げます。


(文部科学省)
新型コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ

(日本学生支援機構)
給付型奨学金
新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援
奨学金の制度(給付型)

貸与型奨学金
緊急採用・応急採用
奨学金の制度(貸与型)