お知らせ

お知らせ

【保護者の皆さまへ】学長メッセージ|新型コロナウイルス感染の拡大を受けて

平素は大手前短期大学の教育にご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

これまでは学生たちも勉学に励んでおりましたが、この度の新型コロナウィルス感染拡大に伴いまして、学生たちへの教育が遅れております。学生の皆さん並びに保護者の皆さまには多大なご心配とご不便をおかけしていたしております。

このような事態により、本年は誠に残念なことに入学式も取りやめざるを得ませんでした。この中でも、私どもはできるだけ春学期の授業を開始したいと考えておりましたが、ウイルス感染の拡⼤は⽌まらず、4⽉7⽇には政府から緊急事態宣⾔が発出されました。これをうけて、キャンパスがあります兵庫県知事からも休業についての要請がありました。
このような状況下におきまして、本学では現在、対⾯授業の延期、学⽣の学内⽴ち⼊り禁⽌、教職員の⼀部在宅勤務という形をとっております。

⼤⼿前短期⼤学といたしましては、
(1)学⽣と教職員の健康の保持
(2)厳しい環境下でも、できるだけ学⽣たちに学習機会を提供すること
これら2点を基本⽅針として、さまざまな具体的教育施策を実施していきたいと考えております。

現在、以下のような教育施策を⽴てています。
(1)4⽉17⽇からすでに⾮対⾯授業を開始。
(2)5⽉7⽇から予定していた対⾯授業を再延期する。
(3)ただし5⽉7⽇から5⽉27⽇までの期間は、緊急事態宣⾔の解除如何にかかわらずすべてインターネットを通じた、在宅における⾮対⾯の遠隔の授業形態をもって授業を実施する。
(4)在宅における遠隔授業が実施できない授業が⽣じた場合は、8⽉の補講などを想定している。

大手前短期大学は、学生と対面し良い教育を提供することを基本としており、とくに学⽣たち一人一人を大切にしてきめ細やかな教育をしてまいりました。しかしながら、現状においては、このような学生の皆さんとの対面での対応が難しくなっております。

このために遠隔授業を進めるための教材を作成し、またインターネットにかかわる設備の強化に向けて努力をしております。不⼗分な点が多々あるかもしれませんが、厳しく制限された環境のもとで、教職員一同最⼤の努⼒をしつづけてまいる所存でございます。なにとぞご⽀援とご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

大手前短期大学

福井 洋子