お知らせ

ニュース

【国際交流】アルバーノカレッジ交換留学生より留学便り

昨年の秋学期から、米国ウィスコンシン州のアルバーノ大学に1年間の予定で留学中のメディア・芸術学部2年生の大河原波子さんから、留学レポートが届きました!






















1月末からは春学期が始まりました。前学期に引き続き、主に美術の授業を取っています。なかでも興味深いのは、版画の授業。版画と一口に言っても木の板を彫刻刀で彫るもの、ゴムの板を彫るもの、プラスチックの板に水彩絵の具で絵を描いて、それを濡らした紙に写すもの…様々な技法にチャレンジしています。...
アルバーノカレッジにはとても立派なプリントメイキングの設備があり、先生も一つ一つ丁寧に教えてくださるので、たくさんのことを吸収しつつ、自分らしい作品作りをめざして取り組んでいます。



また、インターンシップの機会にも恵まれ、週1回大学近くのアートギャラリーに通っています。作品の写真撮影をしたり、展覧会の小冊子の編集を手伝ったり、作品展示方法など…様々なことを教えてもらっています。たくさんのアートに囲まれたところでインターンシップができるなんてこんな幸せなことはないなぁ、といつも感じています。