お知らせ

イベント

【地域社会連携】「丸型ポストフェスティバル」イベントに参加しました

10月23日(土)に尼崎城址公園にて開催された「丸型ポストフェスティバル2021 in 尼崎・伊丹・川西」(後援:尼崎市、川西市、尼崎商工会議所、いたみアピールプラン推進協議会 他)に、ライフデザイン総合学科の1年生3名がボランティアとして参加しました。

このイベントは、ポスト・手紙・切手の愛好家の団体である「丸型ポストの会」が毎年全国各地で開催しているもので、今回で第7回となります。残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から集客プログラムのほとんどを中止し、規模を大幅に縮小しての開催となりました。

それでも、会場には尼崎、伊丹、川西市内の郵便局3局の臨時出張所が設けられ、限定デザインの消印の押印サービスや、オリジナルデザインの切手2種の販売をするなどして、多くの愛好家が訪れました。また、ポスト型の着ぐるみキャラクターも登場し、子供たちに大人気でした。

学生ボランティアは、主にパンフレットやグッズのセットとチラシ配りを手伝い、貴重な体験ができた1日となりました。

参加した3名の学生から感想が届きました。

ライフデザイン総合学科1年 糸木 寧音さん
私たち学生ボランティアは、主にパンフレットの配布をしました。とても緊張しましたが、明るい声と笑顔で渡すことを意識すると、多くの方が受け取ってくださいました。実行委員会の方もとても優しく、大変貴重な体験となりました。

ライフデザイン総合学科1年 大郷 陽奈さん
配布資料の作成や、その資料の配布作業、グッズのまとめ作業など貴重な経験をたくさんさせていただきました。資料を配布する際は、なかなか受け取ってもらえなくて少し苦戦しましたが、受け取っていただいた時はとても嬉しく、やりがいも感じました。

ライフデザイン総合学科1年 杉岡 朋奈さん
イベントのボランティアというのが初めてだったので、チラシ配りの大変さや受付での臨機応変に対応することの大変さを痛感しました。普段関わることがない方達と一緒に活動でき、とても貴重な体験となりました。

ポスト型の着ぐるみキャラクターを囲んで記念撮影しました。
(後列左3名:学生ボランティア、後列右2名:実行委員の方、前列3名:本学教員)