【産官学連携】希少糖スイーツ公開講座開催しました

イベント
大手前大学・大手前短期大学では、伊丹市に本社を置く松谷化学工業株式会社、伊丹市との合同主催による「希少糖スイーツ公開講座」を、12月14日(土)にいたみ稲野キャンパスにて開催いたしました。毎回応募が殺到する人気イベントですが、4回目となる今回は倍率約6倍の激戦の中、当選された40名の市民の皆さまにご参加いただきました。

短期大学 ライフデザイン総合学科2年生の那須野奈月子さん、門脇詩織さんが司会を務め、松谷化学工業株式会社 研究所副所長 岡崎智一氏による「希少糖含有シロップ レアシュガースウィートの特長」についての講演で、まず希少糖についての知識を深めていただきました。つづく松井博司教授による講義は、一般的なお菓子教室ではなかなか味わえないスイーツ学に基づくケーキ作りのメソッドで、家庭でお菓子作りをやりやすくするために手を抜いてもよいポイントやその理由についても説明があり、熱心にメモを取る方が多くいらっしゃいました。
デモンストレーションの後、ケーキ作りの実習をして試食。作ったケーキは持ち帰り、ご家庭でもひと足早いクリスマスを楽しんでいただきました。また、松谷化学工業よりレアシュガースウィートとレシピ集のお土産も。試食の後は、希少糖やケーキ作りについての質問も数多くいただき、受講生の皆さまの関心の高さが伺えました。今回の講座を振り返り、お料理やお菓子作りにご活用いただきたいと思います。

(配信元:地域・社会連携室)