スペシャルインタビュー

健康の基本は食べること。その充実に欠かせない歯や口腔内のサポートをする歯科衛生士の活躍の場所は、
総合病院、歯科クリニック、行政・教育機関など、ますます広がっています!

甲南医療センター 勤務
巽口 明香さん
全身疾患の予防や
QOLの向上にも貢献できる仕事。

総合病院の歯科口腔外科に勤務しています。おもな診療内容は親知らずの抜歯、のう胞や腫瘍の手術、粘膜病変、外傷などで、ほかにも癌などの全身麻酔手術や化学療法、放射線療法を受けられる患者さんの口腔管理や、寝たきりの患者さんに対するベッドサイドでの口腔ケア、さらには病棟の看護師に患者さんの状態に合った口腔ケア方法を提案するといった仕事も行っています。担当する患者さんの口腔状態が改善してきたときや、「教えてもらった通りに歯磨き頑張っています」「歯石を取ってもらえて気持ちよかった!」などの言葉をいただいたときは、やりがいを感じます。また、病棟のベッドサイドで行う口腔ケアは大変なぶん達成感を味わえる仕事です。

歯科衛生士の役割は今、いっそう重要になっています。例えば適切な口腔ケアを行うことで、高齢者の死亡原因の一つである誤嚥(ごえん)性肺炎の予防につなげられます。歯周病は糖尿病や心臓病、認知症など全身のさまざまな病気に影響を及ぼすとされていて、歯石除去やブラッシング指導によって、歯周病だけでなくこれらの病気も予防・改善できる可能性があります。このように歯科衛生士は、歯や口腔にアプローチすることで、全身疾患の予防およびQOLの向上にも貢献できる仕事。現在のような超高齢社会においては、専門的口腔ケアの需要は高まっており、活躍のフィールドもどんどん広がっています。ぜひ多くの学生さんにめざしてほしいと願っています。

むらまつ歯科クリニック 勤務
中井 りささん
診療後、笑顔で帰っていただける喜び。
私にとっては天職です。

歯周初期治療および歯周病治療後の定期点検を行うメンテナンスなどの診察業務のほか、新人指導にも携わっています。歯科衛生士は患者さんと適切な距離感を保ちながら、寄り添い続けることが大切な仕事です。お待たせすることなく、その日の一番の主訴を解決して差し上げることで信頼関係を築くように努めています。

入職当時はまだ視野が狭く、口腔内だけをみるという関わりしかできませんでしたが、多くの患者さんから学ばせていただいたおかげで、今では口腔内や全身疾患はもちろん、その方のバックボーンを知り、生活背景全体をみることの重要性を自覚して診療にあたっています。今後は日本歯周病学会認定歯科衛生士の資格取得を目標に学び、全身疾患がある方にもより安心感を与えられる歯科衛生士をめざしていきたいと考えています。

当院に勤務して早や10年。同じ歯科医院に勤め続けることで成長し、やりがいを見いだしてきました。とくに歯周ポケットの改善が認められたり、患者さんが口腔内の変化を実感し、行動変容(生活習慣の改善、ブラッシングの上達)につながったり、さらには診療後、笑顔で帰っていただけたときはとても嬉しく感じます。このように成果が目に見え、実感できるのがこの仕事。私にとって歯科衛生士は天職です。

ナチュラルスマイル西宮北口歯科 勤務
今村 瞳さん
オーラルケアのスペシャリストとして
ますます重要になる地域医療に貢献。

一般外来のほか、救急搬送の受け入れや障がい者歯科など、幅広く対応する歯科医院で「訪問歯科部門」を担当しています。私の現場となるのは、主に患者さんのご自宅や老人ホームなどの施設。ケアマネージャーやご家族などから依頼を受け、通院が困難な方の口腔状態の改善のためにさまざまなケアを行なっています。超高齢化社会を迎え、入院期間の短縮、病院から在宅へと医療と介護の環境が変化している今、オーラルケアのスペシャリストである歯科衛生士の出番がますます重要になっていると日々実感しています。

たとえば 、ご高齢の方にとって肺炎は生死に関わる重大な病ですが、口腔内を清潔に保つことで発症のリスクを大幅に下げることができます。そのように地域医療の一端を担えることは大きなやりがい。また、ご自宅を定期的に訪問することで患者さんやご家族と信頼関係が生まれ、ケアをした後に「さっぱりした」「気持ちよかった」と笑顔を見せていただけることにも喜びを感じています。歯科衛生士といえば歯磨きの仕方を教えてくれるお姉さんというイメージがあるかもしれませんが、実際には高度な専門性を強みに活躍の場がたくさんある仕事。そのことをひとりでも多くのひとに知ってもらえたら嬉しいですね。