【社会連携】スイーツ学専攻ゼミがコンビニスイーツ開発

ニュース
大手前大学・短期大学は、産官学プロジェクトとして、兵庫県の特産物を活用し、兵庫県の食品メーカーなどの食材を使用したスイーツ「ザクザクスフレチーズケーキ」を開発し、11月7日(火)より、大手コンビニエンスストア「ローソン」で販売します。

コンビニスイーツプロジェクトは、総合文化学部の松井博司教授(スイーツ学専攻)とそのゼミ生が株式会社ローソンや三菱商事株式会社、株式会社オイシス、株式会社JTB西日本と開発。県内企業の六甲バター株式会社、松谷化学工業株式会社、株式会社増田製粉所とも連携しています。食材は、県産の「イチジク(JA全農兵庫)」、「小麦(宝笠異人館)」、「黒豆」を使用しており、松谷化学工業の「希少糖」や六甲バターの「クリームチーズ」の提供も受けています。なお、兵庫県認証食品(推奨ブランド)されているイチジク(ペースト)と小麦を100%使用しており、地元食材をふんだんに使用したスイーツに仕上がっています。

スイーツ開発は卒業研究の一環で、PBL学修として実施しました。学生たちは、県産品の選定やアイデアを提案するなど、商品開発及び販売方法を一から考案しました。夏休み期間中も個別ミーティングを何度も重ね、秋学期開始後は、各企業の担当者の前でプレゼンテーションするなどし、企業側と連携して商品を完成させました。

6日(月)には、兵庫県知事定例記者会見があり、会見項目の一つとして、「コンビニスイーツ」が取り上げられ、井戸敏三知事より紹介されました。会見終了後、松井教授とコックコートに身を包んだゼミ生たちは、報道陣からの取材を受け、PRポイントやこれまでの取り組みなどを丁寧に説明したり、写真撮影に応じたりしていました。

■ザクザクスフレチーズケーキ
販売期間:2017年11月7日~※数量限定のため、なくなり次第終了
販売エリア:近畿圏のローソン各店
販売価格:258円(税込)