広島文化学園短期大学との相互評価報告書が短期大学基準協会のWebサイトに公開されました

ニュース
平成27年より大手前短期大学と広島文化学園短期大学(広島市安佐南区)は、教育の質の向上および保証をさらに促進させるとともに、継続的な改善を行うことを目的に相互評価を実施してきました。この度、その成果をまとめた「相互評価報告書」が完成し、平成29年5月末日付で一般財団法人短期大学基準協会に提出し、短期大学基準協会のWebサイトに公開されています。
今回の相互評価において広島文化学園短期大学の特色ある取組等を学べたことは大変有意義なことであり、これをきっかけに、平成28年12月1日には広島文化学園大学・広島文化学園短期大学と大手前大学・大手前短期大学は連携協力に関する協定を締結しました。今後、教育研究活動をはじめ教職員の質的向上に向け、大学間連携事業を推進していきます。

■相互評価の経緯
 平成27年8月7日 相互評価のための事前協議(場所:大手前短期大学)
 平成27年9月11日 相互評価協定書調印式(場所:広島文化学園短期大学)
 平成28年9月6日 第1回訪問調査(場所:大手前短期大学)
 平成28年10月12日 第2回訪問調査(場所:広島文化学園短期大学)
 平成29年5月31日 「相互評価報告書」を一般財団法人短期大学基準協会に提出・公表

相互評価報告書はこちらから
相互評価協定書調印式
大手前短期大学での第1回訪問調査
広島文化学園短期大学での第2回訪問調査
相互の訪問調査を終えて