グローバルな活躍をめざす実践英語

英語教育が実践的。だから、グローバルビジネスにも対応。

英語はこれからのビジネスシーンで使われる機会がますます増えると考えられます。こうしたグローバル化の動きに対応するため、大手前短期大学では、実践英語を身につけたり、異文化理解を深めるための環境を整えています。英語を武器にすれば、可能性はさらに広がります。

LEO:英語コミュニケーション

「LEO(Language Education of Otemaeの略称)英語コミュニケーション」を正規のカリキュラムの一部として、いたみ稲野キャンパスにおいては、週15クラス開講しています。講師は、英語を母語としない人のための英語教育専門家。“英語で英語を学ぶ”ことによって、実際に使える英語力を身につけることができます。また、能力別の4段階クラス編成なので、基礎から学ぶ人、英語が苦手な人でも大丈夫です。

少人数で楽しく学ぶ
LEOの受講資格は、“英語をしっかり勉強したい”“留学をしたい”という強い意欲。そんな同じ目的を持った15名程度のクラスメイトたちと励まし合いながら楽しく学べます。
英語を英語で学ぶ
LEOは、英文和訳のクセを早く治し、英語で英語を「感じる」ことから始めます。日本語を聞くときに、一つひとつの単語にとらわれていないように、英語もリラックスして「自然体」で学ぶ練習をしましょう。
毎日90分・週5日開講
語学上達の決め手は、毎日継続して勉強すること。
LEOは、月曜日から金曜日まで、3・4・5時間目に各90分の3クラスを毎日開講しています。正規留学をめざす人には、週5日間の受講をすすめますが、他の授業の“合間”に週1日でも受講できます。
レベル別クラスで効率的に学ぶ
LEOは、レベル1(初級I)、レベル2(初級II)、レベル3(中級)のレベル別クラス編成です(レベル4クラスは大手前大学さくら夙川キャンパスで開講)。自分でレベルを選ぶことはできません。クラス編成テストによって所属クラスを決定します。
特別な受講料なしで学ぶ
大手前短期大学の在学生ならLEOを受けるための特別な受講料は必要ありません。もちろん卒業単位としても認定されます。講座が行われるのは短期大学のキャンパスの中。だから英会話学校に通うよりも、時間的にも経済的にも負担がありません。

海外留学・短期研修プログラム

アメリカの大学に編入学しての学士号取得、ニュージーランドでの英語研修やアメリカでのボランティアなど、異文化体験をして視野を広げたい学生をサポートしています。

米国大学編入学

大手前短期大学を卒業後、アメリカの大学に編入し学士号取得をめざすプログラムです。アメリカ人学生と対等に授業を受けられる英語力と学力はもちろん、留学に必要なスキルを習得し留学に臨みます。留学先となる協定大学との連携により、留学後もサポートを継続します。

米国協定大学
  • 州立アイダホ大学
  • ウエスタンオレゴン大学
  • センテナリーカレッジ
  • エベレットカレッジ
  • チェメキタコミュニティカレッジ
  • アルバーノカレッジ
短期研修プログラム
【夏季英語研修】
8月中旬~9月中旬の3週間、ニュージーランド(オークランド市)の大学で英語研修を行います。ホームステイとキャンパスライフを体験します。
【アメリカNPO研修プログラム】
NPOの発祥の地ともいわれるサンフランシスコ・ベイエリアで、ボランティア活動に参加するプログラムです。
英語特待生制度
公募制推薦入試・一般入試の英語科目の得点が80点以上の学生には、最大2年間の学費が全額免除される“英語特待生制度”が適用されます。

掲載内容は2016年3月1日現在の情報です。