LEO英語コミュニケーション

「LEO(Language Education of Otemaeの略称)英語コミュニケーション」を正規のカリキュラムの一部として、いたみ稲野キャンパスにおいては、週15クラス開講しています。講師は、英語を母語としない人のための英語教育専門家。“英語で英語を学ぶ”ことによって、実際に使える英語力を身につけることができます。また、能力別の4段階クラス編成なので、基礎から学ぶ人、英語が苦手な人でも大丈夫です。LEOを通じて、英語を使いこなすのはもちろん、国境を越えて発想し、行動できる真のコミュニケーション力を身につけた国際人を育成。活躍の舞台は、海外企業・外資系企業などビジネス・経済関連、外国人対象の日本語教員や、翻訳・通訳家、芸術、社会活動などさまざまな分野に広がります。留学を考えている人はもちろん、英語の力をつけたいと思っているすべての分野の学生のために、LEOはオープンしています。

少人数で楽しく学ぶ

LEOの受講資格は、“英語をしっかり勉強したい”“留学をしたい”という強い意欲。
そんな同じ目的を持った15名程度のクラスメイトたちと励まし合いながら楽しく学べます。

英語を英語で学ぶ

LEOは、英文和訳のクセを早く治し、英語で英語を「感じる」ことから始めます。
日本語を聞くときに、一つひとつの単語にとらわれていないように、英語もリラックスして「自然体」で学ぶ練習をしましょう。

毎日90分・週5日開講

語学上達の決め手は、毎日継続して勉強すること。LEOは、月曜日から金曜日まで、3・4・5時間目に各90分の3クラスを毎日開講しています。正規留学をめざす人には、週5日間の受講をすすめますが、他の授業の“合間”に週1日でも受講できます。

特別な受講料なしで学ぶ

大手前短期大学の在学生ならLEOを受けるための特別な受講料は必要ありません。もちろん卒業単位としても認定されます。講座が行われるのは短期大学のキャンパスの中。だから英会話学校に通うよりも時間的にも経済的にも負担がありません。

レベル別クラスで効率的に学ぶ

LEOは、レベル1(初級I)、レベル2(初級II)、レベル3(中級)のレベル別クラス編成です(レベル4クラスは大手前大学さくら夙川キャンパスで開講)。
自分でレベルを選ぶことはできません。クラス編成テストによって所属クラスを決定します。