スイーツ学・食文化コース

学びのポイント

  1. スイーツやカフェのビジネスを起業するための知識を習得できます。
  2. 食べることは生きること。日常生活から「持続可能な食環境」について学びます。
  3. 国家資格である製菓衛生師の資格取得もめざせます。

専門教育科目

製菓
  • スイーツビジネス
  • カフェビジネス
  • 製菓学概論
  • 製菓理論
  • 食品・栄養学
  • 食品衛生学
  • 洋菓子実習基礎I
  • 洋菓子実習基礎II
  • 和菓子・製パン実習基礎
  • カフェ&ティー実習
  • 製菓特講
食文化
  • 食と文化
  • 食と健康
  • 食環境論
  • フードコーディネート論
  • 調理科学
  • 調理実習A
  • 調理実習B

ピックアップカリキュラム

スイーツビジネス

製菓
社会や技術の変化とともに人々の価値意識も変化しています。この授業では、変化する消費者の意識に対してどのような商品を提供すべきか、企業の役割や経営者の理念、マーケティング視点を中心に、『生活文化産業』としてのスイーツビジネスの仕組みを学びます。

フードコーディネイト論

食文化
フードコーディネイトには、感性と食に関するさまざまな知識が必要です。変化を続ける食環境に対応できるように関連分野の基礎的知識を理解していきます。

ピックアップゼミナール

製菓

このゼミナールでは、洋菓子の魅力やパンについて研究します。またヨーロッパのお菓子・パンの新しいメニューの紹介も行います。卒業研究では、各自が飾りパンや工芸菓子を作り、展示発表をします。

卒業制作テーマ例
  • 「ハグリットの家」「chau ♯」
その他のゼミナール
  • 食文化

資格・進路

関連資格
[受験資格が得られる]
  • 製菓衛生師【国家資格】

本学で決められた授業の単位を修得した上、本学園併設の養成通信課程(大手前栄養製菓学院専門学校)を併修することで、通常では必要な実務経験なしで製菓衛生師の受験資格が得られます。
別途費用:製菓衛生師受験資格取得の為の通信課程費用19万円と製菓実習費用(材料費・道具セット・ユニフォームその他を含む)6万円の合計25万円
2019年度までの開講となります。

[授業を通じて目標にできる]
  • 食生活アドバイザー®2・3級
めざす進路
  • 洋菓子メーカーのパティシエ
  • ベーカリーでのパン職人
  • 食品メーカー
  • 飲料メーカー
  • 外食産業
  • 給食関連会社
  • 小売業(食品関連) など

キャンパスのある阪神間は関西でも特に有名洋菓子メーカーやケーキショップが数多くあるエリアです。これらのメーカーやケーキショップでのパティシエやベーカリーでのパン職人は有力な就職先です。また食品の知識を食品・飲料メーカーで活かしたり、接客技術を百貨店等の食品販売の場で発揮することもできます。さらにレストランやカフェでは、食空間のしつらえやメニュープランニングを通して、おもてなしの心を表現したり消費者のニーズにあった食生活を提案するなど、食のプロへの道は多彩です。

大学への編入学
  • 大手前短期大学を卒業後、大手前大学や他大学への3年次編入学を希望する学生のための「編入学プログラム」があります。

夢をかなえた先輩たち

専攻コース以外のことも学べる。
それがいちばんの魅力。

株式会社ロマンライフ 内定

高校生の頃から製菓を学びたいと思っていた私が大手前短期大学を選んだ理由はコースを超えて学べる制度。専攻分野以外に自分が学びたいことがあれば他分野であっても自由に学ぶことができます。お菓子を作ること以外にその背景にある食文化も学びたいし、社会人として必要不可欠なITスキルも磨きたい。そんな希望がすべてかなうのが大手前短期大学でした。2年間の学びでいちばん印象に残っているのは、先生方のフォローが手厚かったこと。わからない点があった時や試験対策など、授業時間外でも親身に対応していただけました。

履修科目

  • 製菓
  • 食文化
  • Word演習
  • Excel演習

 ↓
WordとExcelはスイーツ系の会社に就職しても必ず必要なスキルだと思います。スイーツの背景にある食文化を学ぶ授業はとても興味深かったです。

掲載内容は2018年3月1日現在の情報です。変更になる場合があります。