英語コミュニケーションコース

学びのポイント

  1. LEO(Language Education of Otemae)により、海外で使える英会話力を身につけます。
  2. さまざまな海外研修・留学プログラムで、目的に応じた国や期間を選べます。
  3. 観光英語などグローバル化に対応した科目で、英語を使う職業をめざせます。

履修モデル

メインで学ぶコース

英語コミュニケーションコース

組み合わせる科目1

ビジネスキャリアコース
ビジネス実務

組み合わせる科目2

アート&Webデザインコース
Webデザイン

めざせる将来像

英語をツールとして使えるグローバル人材
英語力を活かし、観光業界や企業の海外拠点などで国境を越えてビジネスを活性化できる人。

専門教育科目

科目の内容は都合により変更する場合があります。

英語コミュニケーション
  • Basic Communication A・B
  • Basic Reading A・B
  • Basic Writing A・B
  • Basic Listening A・B
  • Current Topics I・II
  • Active Vocabulary I・IIなどLEO科目
  • TOEIC〔TOEFL〕
異文化コミュニケーション
  • ビジネス英語
  • カルチャーコミュニケーション
  • ワールドウォッチング
  • 国際理解I
  • 国際理解II
観光ビジネス
  • 観光英語
  • 世界と観光
  • トラベルホスピタリティ
  • イベントプランニング演習

ワールドウォッチング

異文化コミュニケーション
ビジネス・観光・社会貢献活動など、あらゆる場面で国際化が進む現在、異文化理解は、円滑なコミュニケーションのために欠かせない教養です。この科目では、日本在住の外国人のスピーチを聞いて海外文化の理解と知識を深めるとともに、外国人の視点で捉えた日本の人・文化はどのようなものかを理解します。スピーチはアメリカ・カナダ・イギリス・フランス・トルコ・韓国の方など。異文化と日本文化の双方を理解し、国際人の自覚と姿勢を確立します。

観光英語

観光ビジネス
旅行・観光・ホテル・空港・航空業界をめざす学生のための実践的な科目です。入国手続き、道順のたずね方、ホテルのチェックイン、レンタカーの借り方、食事やショッピングなど、海外旅行で想定されるシーンに沿って、英語の4技能(話す・聞く・読む・書く)の基礎を習得。観光英語検定3級合格を目標としています。

カルチャーコミュニケーション

異文化コミュニケーション
日本の年中行事や生活習慣、食文化や伝統芸能などについて映像や英文で理解を深め、さらにシンプルな英語表現を使ってこれらの日本文化を説明する能力を身につけます。自国の文化を説明することができると、海外の人々とのコミュニケーションがスムーズに進み、日本人としての自信を持つことができます。外国人におもてなしの心で接する態度を養います。

ビジネス英語

異文化コミュニケーション
国際ビジネスの場で使われる英語での会話や文書のスタイルを理解し、基本業務に必要な表現を習得します。名刺交換や受付・案内といった来客時や電話での応対、予定作成や変更、食事やパーティーなどへの招待、といったさまざまなシチュエーションでの基本的な表現を、ジェスチャーや相づちなどのボディランゲージも含めて学びます。英語特有の表現と日本語での表現の違いを文化的背景の違いとともに理解することで、社会人に求められる国際感覚も養います。

資格・進路

関連資格
[授業を通じて目標にできる]
  • TOEIC®Listening & Reading TEST
  • TOEFL®テスト
  • 観光英語検定2・3級
めざせる進路
  • 航空業界(キャビンアテンダント・グランドスタッフなど)
  • ホテル・旅行など観光業界
  • 外資系企業 英語スクールなど教育業界 など

英会話と異文化理解の能力を活かして、航空業界や観光業界など国際コミュニケーション能力を発揮できる世界をめざせます。また英語を使う機会の多い外資系企業や、英語スクールなど教育系企業でも活躍の舞台が広がっています。

夢をかなえた先輩たち

LEOで培った傾聴力を活かし新幹線パーサーに。
印象に残るサービスを提供したいです。

大阪府立大冠高等学校出身
(株)ジェイアール西日本フードサービスネット 内定

人とコミュニケーションすることが好きで、そのスキルを身につけたくて本学に入学しました。特に印象深い授業はLEOでの英語学習です。ネイティブスピーカーの先生による英語だけを使う授業なので、自分から人の話を積極的に聞き取ろうとする姿勢が身につきました。就職を考えた際にも、お客さまの要望をくみ取ってサービスする仕事に就きたいと思い、キャリアサポート室に相談したところ、山陽新幹線のパーサーという職種を勧められました。おもてなしの心で印象に残るサービスのできるパーサーをめざしたいと思います。

掲載内容は2017年3月1日現在の情報です。変更になる場合があります。