英語コミュニケーションコース

さまざまな形で英語に触れることで異文化理解能力を身につけ、真の国際人をめざします。
ネイティブスピーカー教員によるLEO(Language Education of Otemae)では、4段階のクラス編成で“英語で英語を学ぶ”ことができます。

step1社会人としての基礎的な力を築く

  • ライフデザイン
  • フォーラムA・B
  • コンピュータ演習
  • 基礎英語または日本語表現法
  • キャリアプランニング
  • ゼミナール など

選択必修科目[目標とする資格: MOS Word/Excelまたは日商簿記3級または3級リテールマーケティング(販売士)]

step2企業で求められる実務レベルのスキルを身につける

  • 英語コミュニケーション
  • 実践英語(LEO)

step3めざす職業に必要な専門スキルと資格を究める

  • TOEIC®テスト
  • TOEFL®テスト
  • 2観光英語検定2・3級 など

専門教育科目紹介

ワールドウォッチング
ビジネス・観光・社会貢献活動など、あらゆる場面で国際化が進む現在、異文化理解は、円滑なコミュニケーションのために欠かせない教養です。この科目では、日本在住の外国人のスピーチを聞いて海外文化の理解と知識を深めるとともに、外国人の視点で捉えた日本の人・文化はどのようなものかを理解します。スピーチはアメリカ・カナダ・イギリス・フランス・トルコ・韓国の方など。異文化と日本文化の双方を理解し、国際人の自覚と姿勢を確立します。
観光英語
旅行・観光・ホテル・空港・航空業界をめざす学生のための実践的な科目です。入国手続き、道順のたずね方、ホテルのチェックイン、レンタカーの借り方、食事やショッピングなど、海外旅行で想定されるシーンに沿って、英語の4技能(話す・聞く・読む・書く)の基礎を習得。観光英語検定3級合格を目標としています。
カルチャーコミュニケーション
日本の年中行事や生活習慣、食文化や伝統芸能などについて映像や英文で理解を深め、さらにシンプルな英語表現を使ってこれらの日本文化を説明する能力を身につけます。自国の文化を説明することができると、海外の人々とのコミュニケーションがスムーズに進み、日本人としての自信を持つことができます。外国人におもてなしの心で接する態度を養います。
ビジネス英語
国際ビジネスの場で使われる英語での会話や文書のスタイルを理解し、基本業務に必要な表現を習得します。名刺交換や受付・案内といった来客時や電話での応対、予定作成や変更、食事やパーティーなどへの招待、といったさまざまなシチュエーションでの基本的な表現を、ジェスチャーや相づちなどのボディランゲージも含めて学びます。英語特有の表現と日本語での表現の違いを文化的背景の違いとともに理解することで、社会人に求められる国際感覚も養います。
関連資格
[授業を通じて目標にできる]
  • TOEIC®テスト
  • 観光英語検定2・3級
  • TOEFL®テスト
めざせる進路
  • 航空業界(キャビンアテンダント・グランドスタッフなど)
  • ホテル・旅行など観光業界
  • 外資系企業 英語スクールなど教育業界 など

英会話と異文化理解の能力を活かして、航空業界や観光業界など国際コミュニケーション能力を発揮できる世界をめざせます。また英語を使う機会の多い外資系企業や、英語スクールなど教育系企業でも活躍の舞台が広がっています。

先輩のGROW UP VOICE

LEOで刺激を受けたおかげで英語学習への意欲がアップ。
TOIEC®テストの点数が大きく伸びました。

兵庫県立川西明峰高等学校出身
大手前大学 編入予定

小さいころから習っていて好きだった英語を、実際に使えるようになりたいと本学を選びました。能力別のクラスでネイティブスピーカーの先生から学ぶLEOが刺激になり、語彙を増やしたりTOEIC®テストでハイスコアをめざすなど勉強に積極的に取り組むようになりました。また、ビジネス英語の授業では仕事の場で使う英語を実践的に学び、さらに英語学習への意欲が高まりました。おかげで、1年間でTOEIC®テストの点数が約300点アップ。大手前大学へ編入して、もっと英語力を上げ、さらに他の言語も勉強したいと思っています。

掲載内容は2016年3月1日現在の情報です。