アート&Webデザインコース

学びのポイント

  1. デッサン・立体造形からCG・Webまで幅広く学べます。
  2. 豊富な演習で、カメラ・Web・スマホアプリなどメディア運用力が身につきます。
  3. 情報系のITパスポート、アート系の色彩検定など目的に応じた資格をめざせます。

専門教育科目

アート&デザイン
  • デッサン
  • ビジュアルアートA
  • デザイン・基礎演習A
  • ビジュアルデザイン
  • ビジュアルアートB
  • デザイン・基礎演習B
  • イラストレーション
  • クリエイティブデザイン
  • 色彩学I
  • 色彩学II
Webデザイン
  • HTML演習
  • Webコンテンツ制作演習
  • CG演習I
  • スマートフォンアプリ開発演習
  • プログラミング演習
  • CG演習II
  • カメラ演習
マンガ・アニメーション
  • マンガ発想技法I
  • マンガ発想技法II
  • マンガ・アニメーション表現基礎I
  • マンガ・アニメーション表現基礎II
  • 映像アニメーション入門I
  • 映像アニメーション入門II

ピックアップカリキュラム

デザイン・基礎演習A・B

アート&デザイン
豊かな表現をするためには、表現する知識と技術を身につけることが大切です。平面、立体、色彩の基礎造形能力を養うために、アートに触れる実体験やさまざまなデザインワークを通して、創造力、判断力、表現力を高めることをめざします。

CG演習I

Webデザイン
デザインワークをする際の、もっとも代表的なアプリケーションソフトであるAdobe® Illustrator®と、Adobe® Photoshop® の特徴を理解し、基本的な操作方法を学びます。さらに習得した技術に基づいて課題作品を制作し、自分の作品をプレゼンテーションする機会も体験します。テーマに基づいて作品を完成させ、説明する力を育みます。

ピックアップゼミナール

Webデザイン・CG

このゼミナールでは、Webページコンテンツ(動画)作成ソフト「Adobe Animate CC」を用いてFlashコンテンツ(動画)を自在に作成できる力をつけること、またHTML5・CSS3・JavaScriptを使ったアプリの作成が自在に作成できる力をつけること、ならびに「Adobe Photoshop」「Adobe Illustrator」を用いて自在にコンピュータ・グラフィックスの操作ができるようになることを目標とします。

卒業論文テーマ例
  • 「HTML5を使ってテトリスを作成」
その他のゼミナール
  • 「 アート&デザイン」「平面・立体・CGなどの造形作品制作」「自由テーマ」

資格・進路

関連資格
[単位修得すれば取得できる]
  • 情報処理士
[授業を通じて目標にできる]
  • 色彩検定®2・3級
  • ITパスポート【国家資格】
めざす進路
  • 広告会社
  • 印刷会社
  • Web制作会社
  • 一般企業の商業デザイナー
  • IT系企業
  • 芸術系学部への編入学 など

映像やグラフィックの表現スキルを活かして、広告業界・印刷業界・Web業界や一般企業でデザイナーとして活躍したり、IT業界でアプリ開発に携わる技術職もめざせます。さらに専門的に表現技術やコンセプトワークに取り組みたい場合は、四年制大学へ編入学することも可能です。

大学への編入学
  • 大手前短期大学を卒業後、大手前大学や他大学への3年次編入学を希望する学生のための「編入学プログラム」があります。

夢をかなえた先輩たち

やりたいことが何でもできる。
それが大手前短期大学の魅力。

株式会社オリンピア 内定

高校時代に興味があったのはアート系の学びでした。でも将来のことを考えると、それだけに絞って進学先を決めていいのかずいぶん悩みました。そんな時に出会ったのが大手前短期大学。オープンキャンパスでいろいろ学べることを知り、今の自分にぴったりの制度だと感じました。1年次はファッションやメイク、心理学など興味のある科目を幅広く学びました。そのうえで選んだのはやはりアート&デザインコース。専門的な学びに加えて、興味のある分野を複数選択できたことで幅広い知識が身につきました。

履修科目

  • アート&デザイン
  • ファッション
  • Webデザイン
  • ビジネス実務

 ↓
「ビジネス実務」は社会に出てから必要となるマナーをしっかり学べるうえに、資格取得をめざした授業なので就職に有利だと思います。

掲載内容は2018年3月1日現在の情報です。変更になる場合があります。