必修科目・共通教育科目

幅広い教養と社会人としての基礎を身につける。

必修科目・共通教育科目は、学生時代に社会人としての基礎力と幅広い教養を身につけることを目的に開講されています。このページではそのうちの代表的な科目を紹介しています。

必修科目

ライフデザイン

この授業は3部構成になっています。1つ目は、これから学ぼうとする本学をよく知ってもらうことで、これからの大学生活をより楽しく充実したものにします。そして2つ目は、自らのライフデザイン(人生設計)を確かにするため、大切なポイントと思考方法などを学び、自らの将来をしっかり考える力を育成します。3つ目は自分の人生において、地域貢献を理解し、体験を通じて社会での役割を考えることを目標にします。

フォーラム

フォーラムAでは、高校から大学への移行を円滑に行えるよう支援するとともに、自らのキャリア育成のために必要な力をつけることを目標とします。フォーラムBでは個人のキャリア形成に焦点をあて、その実現化につないでいきます。教員とのコミュニケーションを通して、履修指導、基礎学力のサポート、マナー指導、就職を含む進路相談などのほか、学生同士の交流、学生生活を送る上での相談にも応じます。

コンピュータ演習

コンピュータを情報活用の道具として利用し、勉学や仕事に活かせるようになるために、インターネット、電子メール、ワープロ、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトの基本操作を習得することを目標とします。また、OCNET(大手前学園の情報ネットワーク)を勉学に利用できるようにすることも大きな目標です。

選択必修科目

基礎英語

英語で交わされる会話を、基本の語句やフレーズを使って体験することで、国内での外国人とのコミュニケーションシーンや海外で必要となる基本的な英語力を身につけます。英語の基礎知識を身につけ、演習を通して基本的な会話力を養うことを目標とします。

日本語表現法

日常生活はもとより、どのような分野の勉学を進めていくときにも、文字や言葉を正しく理解し、自分のものとして使いこなしていくことが必要です。この大切な日本語を、基礎から確認していきます。また、「ことば」を中心として、その使い方や意味をしっかりと学び、自分の考えや情報を的確に伝えることができるようになることを目的としています。

共通教育科目(選択科目)

  • 基礎数学
  • 生命科学
  • 哲学
  • 日本史
  • 人権の歴史
  • 経済の基礎
  • 家庭の経済
  • 売買の法律
  • 家族の法律
  • MC演習
  • 健康スポーツ
  • トレンドダンス など
相互履修科目
大手前大学との単位互換協定に基づき、大手前大学で開講される下記科目の履修が可能です(一部抜粋)。ただし、人数制限がある科目のため、履修登録者が多数の場合は、大学生の履修が優先となります。
韓国語 中国語 ドイツ語 フランス語 犯罪心理学 行動心理学 など

社会貢献活動

社会貢献を目的として、キャンパスに近い保育所、福祉施設、公共交通機関など企業との連携で、学生によるボランティア活動が行われています。事前・事後学習を含めて、各地域のニーズに基づいてプロジェクトを考え実行する中で、チームワーク力や問題解決能力を育成することが狙いであり、これら一連の活動時間に対して単位(社会貢献活動I~IV)が認定されます。

活動の流れ

  1. 事前学習
    ボランティア活動の対象となる地域の企業や団体が、何を求めているのか、どのようなことに困っているのか、必要としているのかなどを事前に調査します。そのためにできることを学生が自ら考え、ディスカッションし準備。地域に役立てる最適な方法を考えます。
  2. ボランティア
    地域との連携を図り、学生が主体となって企業や団体の方のお手伝いをします。活動場所は、保育所や駅、福祉施設など多岐にわたります。ボランティア活動を通して地域に貢献するとともに、地域で活躍する社会人の方々と接することにより、学生の自己成長も促しています。
  3. 事後学習
    学生によるボランティア活動が地域にどのように役立ったのか、活動の中で気づいたことなどの報告会を行います。学生が各自の活動を振り返り、反省点やよかった点、学んだことなどの意見交換をし、よりよいボランティア活動につなげます。

活動実績

伊丹市立こばと保育所
保育士さんの指導下で、3歳児から就学前の園児を対象に、絵本の読み聞かせ、水遊び、お絵描き、遊戯などの保育の補助を行いました。
防災フェア
地元・稲野自治会の防災活動の一環として、本学を会場に「防災フェア」を実施。本学からは『非常食のおいしい食べ方』を提案しました。
伊丹市社会福祉協議会
アイ愛センターにおいて施設職員の方々による指導の下、障がい者の方と交流を図り、施設業務のサポート活動を行いました。
JR猪名寺駅
キャンペーンのテーマに沿ったポスターや作品をJR社員の方々と学生がやり取りを重ね制作し、JR猪名寺駅構内で装飾展示を実施しました。
自宅のパソコンで授業が受けられる「eラーニング科目」

eラーニング科目とは、パソコンを使ってインターネット上で学習する授業科目のことです。授業公開期間中であれば、自宅や学内などにあるパソコンから、好きな時間に授業を受けることができます。

2017年度の対象科目
  • プレゼンテーション概論
  • 情報機器プレゼンテーション
授業への意見や感想を携帯電話で集計 C-POS(シーポス)
大手前短期大学では、つねに学生の声を取り入れて、授業をよりよいものにしています。
「C-POS」(リアルタイム授業評価システム)。これは、授業が終わったらすぐに、学生が携帯電話でアンケートに答えて送信する、という仕組み。結果はすぐに集計されて、次回以降の授業の改善に役立てます。

掲載内容は2017年3月1日現在の情報です。変更になる場合があります。