ゼミナール

1年間かけて専門的な研究や作品制作に取り組む。

同じ興味や関心を持っている仲間と一緒に専門の先生の指導を受けながら、研究や作品制作を行う―
それがゼミナールです。そこでは一般の科目とは違う学びの深さ、やりがい、楽しさなどを実感できます。

本格的なゼミナールを行う短期大学はわずかです。

ゼミナールは2年生の1年間にわたって週1回実施。学生は必ずどこかのゼミナールに所属します。ゼミナールによって活動内容はさまざまですが、共通するのは担当教員の指導を受けながらグループや個人で「何か一つのものを完成させること」です。こうした本格的なゼミナールを行う短期大学は少なく、大手前短期大学の大きな特長になっています。

活動の成果として研究発表や作品展示などを行います。

ゼミナール活動の最後に、研究内容や作品の発表を行います。発表はゼミナール単位のほか、学年全体での発表会も開催します。

2017年度ゼミナール概要

地域社会と産業

伊丹・川西・尼崎などの産業の歴史と文化を調査し、意見の交換や発表を行う中で、人との交渉の仕方、文献の読み方、グループワークの大切さを学びます。また、地元企業についての認識を深め、さまざまな働き方を見つけるきっかけにします。

ラジオパーソナリティ・アナウンス

このゼミナールではプロのしゃべり手の話し方をマスターし、実践トレーニングを重ねます。放送局という枠にとらわれずに各方面で活躍するためのコミュニケーションツール「声やことば」を中心に、表現方法を研究します。

海外文化研究

海外の文化について国、人など興味を持っている分野を絞って研究を行います。文献、インターネット、映画、ビデオなどの情報に加え、異文化圏の人々との交流や海外体験を活かした研究に取り組みます。

ファッションビジネス

ファッション業界への理解を、さまざまな知識や体験を通して深め、卒業後の仕事に活かすことが目標です。ブランドやマーケティングなどを理解した上で、ディスプレイ、商品企画、ファッション情報誌制作など各自が興味を持ったテーマに取り組みます。

服飾構成

今の自分にできる“最高のドレス”を目標にデザインを考え、製図、素材、縫製方法を研究し作品を完成させます。作品に対しては他者からの評価(ファッションショーなど)を仰ぎ、結果を真摯に受け止めて卒業制作レポートにまとめます。

メイクアップ

メイクアップの世界はビューティ、ファッション、アート、エンターテインメントなど広く展開しています。このゼミナールは、メイクアップでいろいろなイメージを表現する能力の習得が目標。春学期はトレンドの研究や作品制作、秋学期は卒業研究・フォトブック制作に取り組みます。

ブライダル

ブライダルの歴史やしきたり・文化を理解した上で、業界で活躍できるための基礎をしっかりと習得します。春学期で、会場コーディネート・MC・サウンドコーディネートなどから興味のある内容を個別に研究。秋学期は制作発表として、本物の結婚式をゼミ生が企画・プロデュースします。

住まいと暮らしのデザイン

二級建築士やインテリアコーディネーターをめざして、課題と自由研究に取り組みます。課題では大手前祭での展示に向けて照明器具を製作します。自由研究では自分の興味があるテーマを選んでアンケートやフィールド調査などで調べたり、設計をします。

快適な住環境について

住環境を快適なものにする上で、建物の安全性や利便性、機能性を考えることは非常に重要です。このゼミナールでは、建物の安全性やユニバーサルデザインに関する知識を幅広く身につけます。卒業研究は論文か設計に取り組みます。

健康・心理・身体文化

健康・心理・身体文化をキーワードに、以下の内容よりテーマを選択し、卒業研究に取り組みます。
1)心身の健康づくりを目的とした講座企画。
2)健康・心理・身体文化関連の展示企画。
3)各自がもっとも興味・関心のあるテーマ。

Webデザイン・CG

次の1、2のいずれか(または両方)を学習目標とします。
1) Adobe Animate(Flash)などを用いて、Webコンテンツを作成する力、Webデザインの力をつける。
2) Adobe Illustrator・Photoshopを用いて、コンピュータ・グラフィックスのデザイン力をつける。

アート&デザイン

自由な発想でテーマを決めて、アートやデザインの作品を制作します。創作活動を通じて、画材や技術面での研究にも取り組みます。春学期はB1パネルにデザイン制作し、展覧会への応募をめざします。秋学期にも各自のテーマで卒業制作に挑戦します。

製菓

このゼミナールでは、洋菓子の魅力を解剖していきます。ヨーロッパのお菓子の紹介や新しいカフェメニューも取り上げます。卒業研究では、各自がオリジナルケーキを作り、展示発表します。

食文化

官能評価(食べ比べ)による嗜好調査を通して「おいしさ」について考えます。また、加工食品を製造したり、行事食や郷土食について学ぶことで、日本や世界の食文化に対する理解を深めます。さらに、食に関して興味のあるテーマを選び、卒業研究に取り組みます。

2016年ゼミナール全体発表テーマ

  • 伊丹アピールプラン/地域社会と産業
  • MC・アナウンスゼミ/ラジオパーソナリティ・アナウンス
  • 音楽と社会/海外文化研究
  • ファッションジャンル −オリジナルコーディネート提案−/ファッションビジネス
  • 最高のドレス達/服飾構成
  • リップカラー/メイクアップ
  • Big Smile Gift Wedding ~キミがほほえむと笑顔になる~/ブライダル
  • たくさんのありがとう ~We belong together/ブライダル
  • LEDの功罪と住宅での普及状況/快適な住環境について
  • ユニバーサルデザインについて/快適な住環境について
  • ラクロスの魅力/健康・心理・身体文化
  • HTML5を使ってテトリスを作成/Webデザイン・CG
  • 等身大ねこギター/アート&デザイン
  • ハグリットの家/製菓
  • chau ♯/製菓

掲載内容は2017年3月1日現在の情報です。変更になる場合があります。