緊急災害時の注意事項

キャンパスにいるときに地震が発生した場合

(1) 地震発生時の対応と緊急避難法

室内にいる場合

教室等にいる場合は、衣類・持物などで頭を覆い、机の下などにもぐる。また余裕がある場合は以下にも留意する。

  • 窓ガラスの飛散を防ぐため、窓のカーテンを閉める。
  • ドアを開放し、出口を作る。
  • 落下・転倒などの恐れのあるものから離れ、身を守る。

廊下にいる場合は、窓ガラスが飛散したり壁が倒れる恐れがあるので、壁際には寄らず、すみやかに近くの教室に避難して机の下にもぐる。近くに教室のない場合は、照明器具など落下の恐れのあるものの下から離れ、衣類・持物などで頭を覆ってかがみこむ。
階段にいる場合は、あわてて降りようとせずに、衣類・持物などで頭を覆い、かがみこむ。

室外にいる場合

窓ガラスが飛散したり壁が倒れる恐れがあるので、校舎や塀から離れ、広い場所に避難して腰をおろす。その時、地面の亀裂や陥没・隆起などに注意する。

(2) 地震鎮静後の対応

火災が発生した場合

火災が発生したら、すみやかに周囲に知らせて消火活動にあたる。初期消火が無理なようであれば、いさぎよく避難する。また一度避難したら再び中に戻らないこと。

  • 水や消火器以外にも座布団、毛布など手近なものを利用して手早く消火する。
  • 煙を吸い込まないように姿勢を低く床をはうように避難する。

消火器のポイント

  1. 安全栓を引き抜く。
  2. ホースをはずし、火元にむける。
  3. レバーを強く握って、放射する。

燃え上がる炎や煙にまどわされずに燃えているものにノズルを向け、火の根元を掃くように左右にふる。

避難上のポイント

  1. 出口に殺到したりせず、負傷者や障害者を優先的に誘導しつつ順序よく避難する。
  2. 隣室なども含め全員退出したか確認の上、ドアは開放したまま退避する。
    ただし火災が発生し、消火不能の場合は閉めて避難する。
  3. エレベーターは、閉じ込められる危険があるので、絶対に使用せずに階段で避難する。

退避の心得

冷静に状況を判断して、隣人を確認しながら負傷者や障害者の避難をサポートする。

  • 衣類・持物などで頭を覆い、窓ガラス・照明器具・外壁・看板などの落下物に注意する。
  • 地面の亀裂・陥没・隆起や、電柱・塀などの倒壊に注意する。
  • 停電した場合は、誘導灯を目印に落ち着いて避難する。
  • 周辺がパニックに陥りそうな時は「机にもぐれ」「落ち着いて」など、状況に応じた正確な指示を声に出してお互いに確認する。

自宅や下宿・マンション等にいる時に地震が発生した場合

(1) 「もぐる」「かぶる」

大きな揺れの場合は、落下・転倒などの恐れのある家具から離れ、イス・テーブル・机・ベッド・布団などの下にもぐり、座布団・クッションなどで頭を守る。
手近に何もない場合は、手で頭を守る。手と頭は密着させると衝撃を直に頭に受けるので少し隙間をつくり、落下物で動脈を切らないように手のひらは下にむける。

(2) 「閉める」

小さな揺れの場合は、すぐに火の始末をし、ガスの元栓を閉め、電気器具のスイッチを切りコンセントを抜く。
大きな揺れの場合は、無理に動くとかえって危険なので、まず身の安全を考えて安全な場所への避難が第一。たとえ出火しても、揺れがおさまってからの消火活動で十分間に合う。

(3) 「開ける」「離れる」

揺れが激しい場合は、ドアや窓が変形して開かなくなり閉じ込められる恐れがある。揺れの合間をみてドアや窓を少し開けて脱出口を確保しよう。
マンションの場合は、出入口数も少なく、ドアも鋼製なので要注意。

災害用伝言板サービスについて

大地震などの災害が発生した場合に、固定電話、公衆電話や各種携帯電話で安否情報を登録・確認できる伝言板サービスがあります。

公衆電話・固定電話から

安否情報を音声により伝達するNTTによるボイスメールです。

利用方法:
被災地の市外局番+171(後は音声ガイダンスに従って操作)

携帯電話から

  • 伝言板サービスは、震度6弱以上の地震発生時のみ運用されます。
  • サービス提供期間中のみアクセス可能となります。それ以外の期間は利用不可。
利用方法:
多機能型携帯電話の場合・・・ iMenu、auポータル、Yahoo!ケータイ等の各種トップページより災害伝言板にアクセスし、画面の指示に従って登録もしくは確認作業を行ってください。
スマートフォンの場合・・・ dメニュー、auポータル、または各災害用伝言版アプリケーションからアクセスし、安否情報の登録もしくは確認を行ってください。(Wi-Fi環境では安否情報の登録・確認は行えません。)