【地域貢献】防犯ボランティア「OTM」に委嘱状!

ニュース
2016年に結成した「見守るOTM(オトメ)」。大手前大学・短期大学の学生で構成する防犯ボランティアグループです。この度、2017年度の防犯ボランティア委嘱式が伊丹警察署で行われ、新たにメンバー一人が参加。今後は3人で振り込め詐欺などの特殊詐欺被害防止に向け、ボランティア活動を行ないます。

「OTM」は、同署の生活安全課と活動をともに行っており、昨年から参加している大手前大学現代社会学部2年の相馬楓夏さん、大手前短期大学2年の武田里佳さんに加え、新たに短大生1名が加わりました。OTMは、伊丹署の署員が命名してくださったもので「オトメ」と「大手前」をかけています。

6月7日には、委嘱式を実施。川田健次郎署長がメンバー3人に委嘱状を手渡しました。川田署長は、「貴重な経験になると思う。警察業務へのご理解や、支援をお願いしたい」とエールを送りました。

今後、3人は昨年に引き続き、老人ホームや託児所などで特殊詐欺を題材にした寸劇を披露したり、量販店などでの街頭キャンペーンに参加する予定です。彼女たちの活動にご期待ください!