アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

大手前短期大学は、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーに則り、実務教養と社会人基礎力を育む「実務教養型短期大学」を目指します。

本学が重視する社会人基礎力とは、コミュニケーション力・プレゼンテーション力・言語能力・芸術的センス・チームワーク・自己管理力です。入学試験においては、高等学校(それと同等の学校を含む。)の学習のほかに、これら社会人基礎力の資質や素養も評価の対象とします。

この方針に基づき、本学では下の選考方法により、次のような学生を募集します。

  1. 本学の使命・方針をよく理解し、本学で学びたいという強い意欲をもつ人
  2. 高等学校(それと同等の学校を含む。)までの学習で、一定の知識・能力を得た人
  3. 2のうち、特定の科目において一定の知識・能力をもつ人
  4. 読む・書く/聞く・話すにおいて、一定の能力をもつ人
  5. 社会人基礎力の資質や素養をもつ人
選考方法 主に評価する能力・資質
科目試験 2,3
調査書等による書類審査 2,5
推薦書 1,2
面接・面談 1,4,5
模擬授業参加 2,4,5
小論文等 3,4

(平成30年度入学生より)