創立60周年記念行事

大手前短期大学創立60周年である2011年は数々の記念行事が行われました。

「中村佑介の世界展」

2011年4月23日(土)~5月15日(日)
大手前アートセンター BFギャラリー(大手前大学さくら夙川キャンパス内)
大手前短期大学創立60周年事業の一環として大手前アートセンターで「中村佑介の世界展」を開催しました。
中村佑介さんは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONをはじめとしたCDジャケットや、赤川次郎、石田衣良、森見登美彦などの書籍カバーを数多く手掛けるイラストレーターで、昨年発売された初の作品集『Blue』(飛鳥新社刊)は、画集では異例の7万5,000部を突破しています。
また、2011年本屋大賞第一位『謎解きはディナーのあとで』の装画を担当されています。

第4回「行列のできる特別講演会」

大手前学園主催の講演会として既におなじみの「行列」シリーズ。短期大学創立60周年記念として学内外より多彩な講師をお迎えした、4回連続の講演会でした。
各回とも多数のご参加をいただき、会場は満員となりました。

ナレッジキャピタルトライアル2011

ナレッジキャピタルは、うめきた先行開発区域プロジェクト「グランフロント大阪」の中核機能として、企業、研究者、クリエイター、一般ユーザーといった都心ならではの多様な人々が交わり、「感性」と「技術」を融合することで新たな知的価値を生み出す複合施設です。
今回、大手前短期大学創立60周年記念事業の一環として、2011年8月26日(金)~28日(日)に堂島フォーラムで開催されたトライアルイベントに参画。『スイーツウエディング2011』と題し、大手前短期大学ならびに大手前製菓学院の教員と学生が一丸となって、「ブライダルファッションショー&ホントの結婚披露パーティ」で会場を盛り上げました。

ダイジェストムービー

ブライダルファッションショー
ホントの結婚披露パーティ

創立60周年記念フォーラム

大手前短期大学創立60周年記念フォーラム
「今、次代を担う人材に求められる力『おもてなし』のコミュニケーション」(読売新聞大阪本社広告局後援)
2011年9月2日(金)リーガロイヤルホテル大阪
「おもてなし」の精神は、「ものづくり」と並んでわが国が世界に誇れる日本人の国民性であり文化であり、様々な産業やビジネスシーンにおいても改めて注目されています。"STUDY FOR LIFE"を建学の精神とする大手前短期大学が創立60周年を迎え「おもてなし」をテーマに記念フォーラムを開催しました。これからの社会を担う若者たちが、こうした尊い心をどう理解し成長していくのか。リゾート運営で脚光を浴びる星野佳路氏と茶の湯界に新風を吹き込む千宗屋氏が基調講演し、それぞれの「おもてなし論」を展開。パネルディスカッションでは、日本人の価値意識や世界に誇るべき国民性に議論が及び、台風で悪天候の中、来場した約300人が熱心に聞き入りました。

創立60周年記念式典・祝賀会・コンサート

2011年10月22日(土)に、リーガロイヤルホテル大阪にて、大手前短期大学創立60周年記念式典および、祝賀会、記念コンサートが開催されました。
第1部の記念式典では、福井 有理事長式辞に始まり、ご来賓の方々からのご祝辞をいただきました。第2部の祝賀会では、鏡開きによる幕開けとともに、ビュッフェ形式でのパーティがスタート。第3部の記念コンサートでは、ゲストにテノール歌手・秋川 雅史氏を招き、素晴らしい歌声を堪能しました。